導入事例

株式会社やまと商事 様

[石川県]

マニフェスト将軍のカスタマイズが決め手。
データのエクセル加工も可能に!

業 種
金属リサイクル業、廃プラスチックリサイクル業、産業廃棄物収集運搬・処理業、一般廃棄物収集運搬業、解体工事業
拠 点
本社、リサイクル工場
導入前の課題
既存のマニフェスト管理システムが壊れた際、「しっかりと管理ができ、使い勝手の良いマニフェスト管理システムをこの機会に導入したい」と希望が挙がっていた。
導入後の成果
廃棄物管理帳簿に住所を入れるという石川県特有の提出方法に対応。
幅広い事業活動
 石川県の鉄リサイクル業において屈指の企業である株式会社やまと商事。同社は創業当時より鉄スクラップリサイクルを中心に事業を行い、受継いで3代目となる現在は廃プラスチックや解体業にまで幅を広げた事業展開を行っている。
 オイルショックの影響を受けながらも、先代からの地道な営業努力により地域のお客様の信用を少しずつ獲得していた結果、今の事業規模にまで成長していった。
 現在では循環型社会形成に貢献するため、地域の清掃活動参加や工場見学による環境保全活動の協力、でんきのない音楽会への協賛などを行い、ISO14001:2004認証取得もしている。
 環型社会形成に貢献するリサイクル企業を目指し、適正処理と管理を行い順調に営業を続ける中、長く使用していたマニフェスト管理システムが壊れるという事態が発生した。この機会にしっかりと管理ができ、使い勝手の良いマニフェスト管理システムを導入したいと希望が挙がり、5社から選定を行うことになった。
マニフェストシステム導入
 様々なシステムのデモを確認し、営業担当者と話を進め、導入決定したのがJEMSの「マニフェスト将軍」だった。
 選定理由としては「廃棄物管理帳簿に住所を入れるという石川県ならではの提出方法を可能とするカスタマイズが行えるのがJEMSだけだった」とのこと。その他にも「旧システムでは行えなかったデータのエクセル加工ができるようになり、様々なデータ集計がしやすい」ことも選定理由だそうだ。
 また、担当者の対応についても営業・SE・サポートセンターの担当者それぞれが廃掃法の知識と業界に精通した知識を持ち合わせているので、質問に対する回答やアドバイスも的確で安心できるという意見もあった。
今後の事業展開

 2012年には大型鉄くず切断機(ギロチンシャー)を導入し、ますます鉄スクラップの受入れを拡大した同社。
 5年後のビジョンとして、「鉄くずをメインとしながらも、幅広い廃棄物を受け入れ可能とすることでやまと商事に依頼すれば全ての処理を行ってくれるとお客様に思われるような企業になっていきたい」と山田社長は語ってくれた。
 石川県における「総合リサイクル企業」として循環型社会に貢献するためのリサイクル事業の推進・資源化をますます促進していくことだろう。

株式会社やまと商事 様

地球と人にやさしい環境を目指して

鉄・非鉄のリサイクルをメインに、廃プラスチックリサイクルや廃棄物処理、解体工事などの事業を行う同社。
ISO14001:2001の認証取得など循環型社会形成に貢献するリサイクル企業として石川県を中心に北陸エリアで企業活動を行っている。